頬骨を整形した体験の終始

頬骨を削る体験は、人生の中でも初めてですし、今後も二度とないかもしれない貴重な経験です。



術後の腫れが引いて、見事回復した時の喜びは、これまでの人生において一二を争う気持ちの高まり がありました。もう髪を伸ばして隠したり、影が出来る事を嫌って俯き光を避ける必要がないので、正々堂々と正面を向いて歩く事が出来ます。むしろ、積極的に顔を見せる機会が多くなったので、性格も変わって前向きさが強まっています。ファッションの拘りは、今まで以上に強まったり、人一倍楽しめる様に変わりました。過去には顔が原因で街頭インタビューを断ったり、人前に立つ事を避ける傾向が強く、卑屈になる部分が自身の中でもコンプレックスでした。今では輪郭が原因の引っ込み思案はなくなり、人に素の自身が曝け出せるので、気持ちが楽になり積極的な人生を楽しんでいます。自信を高める事が出来た経験は、苦手意識が強かった異性との付き合いを実現したり、結婚や子育てといった人生を前向きなものに変えています。